« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.27

ひろみです

050326_006
YNAC 高橋ひろみです。かっこいいブーツで決めている・・・


050326_002


と思いきや、 長靴でした。

2005.03.26

土曜日の森⑪元浦の石ころ海岸

2005.3.26
美しいビーチも、めくるめくリーフもない、一湊の元浦海岸。
何の変哲もない、石ころと岩場が続くばかり。

050326_008

「しかしこの海岸の生物相の豊かさは驚くべきもの。
海綿動物、腔腸動物、扁形動物、ひも形動物、袋形動物、
環形動物、軟体動物、節足動物、棘皮動物、原索動物、
脊椎動物と、主要な動物の『門』のほとんどが見られます。」
講師1はYNAC長谷川りえ。今回デビューです。

050326_011

講師2のYNAC松本が、石のひっくり返し方を指導。
「ちょっと覗かせてもらうつもりでね。見たら、元の位置に戻しときましょう。」

050326_014

さあ海岸に展開したひっくり返し部隊。
今日は大潮。海面の干満の差が激しい日です。
潮が引くにしたがってどんどん面白い生き物が現れ始める。

050326_022

いろいろ採れました。これは小原家のバケツ。

050326_029

仕分けして、種類を調べます。
人気の高かったのは、ゴカイ都市、エビのいろいろ、
そして無限に生息していたムラサキクルマナマコ。

それでは最後に元浦のアイドル、ムラサキクルマナマコの、珍しい「用足し」写真をご覧ください。

050326_015

この後、駐車場の脇をヤクシカの親子がすたすた通過していったため、
陸生脊椎動物も観察できました。

土曜日の森⑩巨木の森 土面川照葉樹林

2005.3.19

今日は永田の土面川にやってきました。
この谷の標高400~500m地点、奇跡的に残った巨木林があります。

050319_005

本日の講師はYNAC樫村精一です。

このパイナップルの葉のような植物はオオタニワタリ。
熱帯系の着生シダで、落ち葉を受け貯めて、栄養にします。
(あまり知られていませんが、新芽を食べるとうまいのです。)


050319_008

熱帯雨林風に板根の発達したスダジイ。
かたわらのメイさんと比べるとなかなか大きい。


050319_003

炭焼窯がありました。さっそくカズキちゃんが入りこんで遊びます。
古い木馬道(きんまみち)の跡もあり、以前この付近で
炭が生産されていたことがわかります。


050319_009

これは珍しいカゴノキ。
瀬戸内海など乾燥しやすい地方には少なくないのですが、
YNACが屋久島で確認した直径10cm以上の個体は
この木を含めてたった6本だけ。


050319_011

外見は青いヒメシャラ風。パズルピースのように皮がむけ、
鹿の子まだらになるので「カゴノキ」。


050319_019

尾根の上に巨大なスダジイがあります。すぐとなりはスギの植林地。この木を含めてこの森は、まるで奇跡のように残されたところです。

2005.03.06

宮之浦で積雪

yukidaruma20050306

予想以上に強力な寒波になりました。
宮之浦の積雪を見るのは初めてです。全山雪のようで、入山はしばらく難しいかもしれません。

昨日の土曜日の森「土面川巨木の森」と、本日の自然クラブ「西部の海岸古道」は残念ながら中止になりました。

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ