« 土曜日の森⑤葉っぱの寿命‐田代海岸 | トップページ | 「第二土曜日の森」開始します »

2005.04.05

土曜日の森⑥海岸の植物‐尾之間 2月19日

(過去の分です)

場所: 松本洋さん宅のお庭から二又川支流沿い(海岸林)
スタッフ: 岡田・樫村・佐藤・長谷川

 土曜日の森・第6回は「海岸の原生林」をテーマに、初参加の5人を含め総勢21名の参加者が実際に海岸沿いの植物を採取・同定して、屋久島の植物に触れ合った、といいますか、どれもこれも似たような葉っぱを手に悶え苦しんだ、というべきか。

 21人を4つの班に分け、二又川沿いの海岸林を30分程探索。ノルマとして各班5種類の樹木を集めた。その結果、全部で18種の樹木を同定できたのだが、これらを前回白谷林道で調べたリストと比べると、共通種が4つしかない。

 海岸性の常緑樹の葉は潮対策で分厚く、光沢があって頑丈そう。なのに新芽は普通の冬芽のように芽鱗(がりん)で堅く守られていない。むき出しのまま。いつでも新しい葉を出せそうだ。寒さを感じない所なんだなーと実感。

 しかし、樹木観察シリーズの4回目ともなると、葉っぱの見分け方もなんとなく身についてきたようだ。海岸から標高500mまでの植物で目を肥やした参加者のみなさんは、更なる高みをめざして、日夜植物図鑑と格闘していることであろう。
(鷲尾・小原)

« 土曜日の森⑤葉っぱの寿命‐田代海岸 | トップページ | 「第二土曜日の森」開始します »

土曜日の森 報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81173/3569533

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日の森⑥海岸の植物‐尾之間 2月19日:

« 土曜日の森⑤葉っぱの寿命‐田代海岸 | トップページ | 「第二土曜日の森」開始します »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ