« ゾーヴァ展・・・ | トップページ | チコの実@アリゾナ アンテロープ渓谷 »

2006.01.22

Scrambles in the Lake District

英国へ出張した海外遡行同人のCさんが、沢登りの載っているガイドブックを仕入れてきたという。

面白いので取り寄せてみたのがこの「スクランブルズ・イン・ザ・レイク・ディストリクト」060122_002 Scrambles in the Lake District Vol.2. Brian Evans

CICERONE GUIDE  初版1982.最新版2005.

イングランド湖水地方(スコットランドの南、リバプールのすこし北)の1000m以下の低山のガイドブックなのだか、「スクランブル」というのがこの地域の独特のジャンルらしい。

スケールはずっと小さいのだけれど、穂高とか北鎌尾根的な絵柄の2~3級程度の岩場に、楽しそうにしがみつく老若男女の写真がたくさん載っている。またGill(Gully?)と呼ぶ、沢のコースも載っている。

つまりスクランブルとは、ハイキング以上クライミング以下という感じの、けっこう危なそうなルートを手も使ってよじ登る「登山」といったものらしい。その愛好者を「スクランブラー」という。

いいですね。「スクランブラーズ」。(もみくちゃになったパンクロッカーみたいか)

湖水地方で沢登りができるというのは面白いなあ。天気悪いのでしょうけどね。

またこれは大先輩のMさんがこの本を見て発見したのだが、彼ら、登山靴で沢を登っている。いかにもヌメヌメの滝に取り付くお父さん見ちゃ居れん! そこで、滑り止めの方法として紹介されているのが、「靴の上から靴下を履くとよい」(泣)

日本の沢靴を持っていけば、スクランブラーの救世主になれそうな気もするが。それはともかく、ちょっと行って見たい湖水地方でした。

今日は京大の山極寿一さんと会食。

« ゾーヴァ展・・・ | トップページ | チコの実@アリゾナ アンテロープ渓谷 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Scrambles in the Lake District:

« ゾーヴァ展・・・ | トップページ | チコの実@アリゾナ アンテロープ渓谷 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ