« 森は海の恋人 | トップページ | 釜山⇒DAEMADO »

2006.02.13

全国エコツーリズム大会in対馬

今度は対馬でエコツーリズムの大会です。

1 大会名称:全国エコツーリズム大会in対馬
2 大会テーマ:観光振興とエコツーリズム
3 開催日:平成18年(2006年)3月3日(金)~3月5日(日)
4 開催会場:

3月3日(金)全体会  対馬市『つしまベルフォーレ』
3月4日(土)フィールドワーク(対馬のエコツアー体験5コース) 対馬島内に分散
3月5日(日)分科会  『つしまベルフォーレ』

5 参加対象と定員:エコツーリズムの専門家、研究者、実践者、関係者(官民)及びエコツーリズムに関心、興味のある方々を対象に300名

6 主催:全国エコツーリズム大会in対馬実行委員会
〔事務局〕長崎県対馬市役所政策部政策企画課内
〒817-0022 長崎県対馬市厳原町国分1441番地
TEL: 0920-53-6111 FAX: 0920-53-6112
E-mail : kikakuka@city-tsushima.jp

7 共催:NPO法人日本エコツーリズム協会

とのことです。対馬といえばYNAC企画+風の旅行社主催でも屋久島タイプのエコツアーを催行しており、アワビと本マグロを食べに、何かのお役にたつだろうということで(?)YNACからも松本と岡田愛が出席します。

対馬といえば龍良山照葉樹林。国内唯一の「平坦な」原生照葉樹林として知る人ぞ知るところ。また南部の豆酘にある多久頭魂神社は、種子島の宝満神社と並び、古代から現在まで、赤米を作り続けていた所として知られているところです。

対馬は釜山に近く、大亜高速海運のジェットフォイルシーフラワー(ROUTE INFO参照。「つしま」はハングルで「 대마도 」 )も就航しているので、韓国からの登山客が多いそうです。対馬の自然歴史民俗を見て海の幸を食べ、釜山に渡って見て回って韓国料理を食べ、というような国境を越えたエコツアー(?)なんて面白いかも。

« 森は海の恋人 | トップページ | 釜山⇒DAEMADO »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国エコツーリズム大会in対馬:

« 森は海の恋人 | トップページ | 釜山⇒DAEMADO »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ