« ワタナベ ガハク ギャラリー | トップページ | 岡山理科大チーム来たる »

2006.03.18

屋久島山岳部 利用適正化推進会議

3月17日 第2回屋久島山岳部利用適正化推進地元会議(主催:環境省)

会場:屋久町安房総合センター1F会議室

  

環境省が屋久島の山の利用のコントロールに乗り出した。公募で参加者をつのったこの会議の検討内容は、対応に濃淡はあるが次の5点。

1 利用上の課題(奥岳の利用の将来像)

2 施設の整備・維持管理の強化

3 利用のコントロール方法

4 利用の分散化

5 その他山岳部利用対策協議会(別の会議)への提言等

2月27日の第1回会議は、討論の道筋が整理されておらず、てんでに物申すの会になってしまった感があるが、今回はやや意見集約らしくなったかもしれない。

議題は、3の「利用のコントロール」に絞られ、何らかの形で利用のコントロールは必要だという点で出席者の意見は一致したが、具体的に提案された「登山メインルートの完全予約制」については環境省側のつめが甘くて現実的なものではなかった。

(ピントがずれている、肝心の日帰り縄文杉登山の混雑を緩和するためにはそれではダメだ、いや縄文杉の制限には反対だ、など様々な視点から意見が出された。)

印象深い発言としては、「生命の島」の日吉さんの、利用コントロールシステムを管理するためのコストを環境キップのような全島的な管理システムに結びつける覚悟はあるのかというタイムリーな質問、またYNAC市川の「利用調整区域」の導入と「ガイドの認可制度」に関する意見、などがあり、将来ビジョンを考える上で、重要な指摘だと思われたが、その件に関しては環境省側からのダイナミックなコメントは得られなかった。

この話題でずいぶん時間をくってしまい、会議に進展があったとはいいにくい。荒川林道や駐車場の利用規制は、なんらかの形で進むことになりそうだが、全般的に専門家による現実的な議論がまだまだ必要だろう。

問題は終了時間間際で議論の沸騰したトイレ処理の方策だ。ヘリ搬出方式がもっとも安価で機動性もある優れた案なのだが、なぜか人件費のかかる担ぎ下ろし方式が推進されようとしている。入山料をとるためにあえて大変そうな姿を登山者に見せてアピールしたいという思惑が、環境省というよりは、観光協会や山岳部利用対策協議会あたりで出てきているようだ。

どうも島の中にも観光化の悪しき影響、心の汚染が進んできた気配がある。

だいたい利用者の身になって考えるという視点が完全に欠落している。こんな案がまかり通るようでは本当に屋久島の将来が心配だ。もっと世界遺産らしいスマートな方策があってもいい。このことに関してはデータを整理して、後日きちんと報告したいと思っている。

« ワタナベ ガハク ギャラリー | トップページ | 岡山理科大チーム来たる »

エコツーリズムの動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81173/9151461

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島山岳部 利用適正化推進会議:

« ワタナベ ガハク ギャラリー | トップページ | 岡山理科大チーム来たる »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ