« 屋久島高校の卒業式 | トップページ | 今日の白谷 »

2006.03.03

「ヤクシカvs植生」の調査中

シカの個体数と植生の関係を調べるため、YNACは現在①西部の半山、②田代海岸の森、③白谷で下層植生とシカの個体数調査中です。

YNAC市川調査委員長の指揮の下、佐藤、立田、小原が調査にあたっています。(国有林の調査に関しては林野庁屋久島森林環境保全センターから入林許可をとっています。)

060303_6

これは25mラインを引いて5mおきに1㎡のコドラートを置き、その中の下層植生を調べているところ。調査員は短期研修生の立田です。

060303_16

調査場所を変えてそのエリアの植生の特徴を平均的に拾い上げられるようにします。

しかし樹木などはともかく、現在カシムラ不在でシダの種名同定が非常に難しい。コケも白谷ならともかく亜熱帯系の場所ではまだ顔を見当けるのも簡単ではありません。

が、次第に成果は集まってきています。詳しいことはいずれまた。

近いうちにモッチョムの森も調査する予定です。

« 屋久島高校の卒業式 | トップページ | 今日の白谷 »

屋久島のようす(自然史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81173/8928832

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤクシカvs植生」の調査中:

« 屋久島高校の卒業式 | トップページ | 今日の白谷 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ