« 5月24日 白谷雲水峡 | トップページ | 栗生タイドプール水族館(海藻編) »

2006.05.25

タヌキのためふん5/25

今年の1月に報告したタヌキのためふん

1年も経たずして、こうなりました↓。

060525tamefun_049

すごい勢いでシャリンバイが芽吹いています(ためふんA)・・・と思いきや、

060525tamefunsikakui_051

たちまちシカが食べてしまうのです(ためふんB)。

タヌキのためふんという生態系上のイレギュラーは、食糧が不足ぎみらしいシカたちが、あっというまに片付けてしまうようなのでした。

« 5月24日 白谷雲水峡 | トップページ | 栗生タイドプール水族館(海藻編) »

屋久島のようす(自然史)」カテゴリの記事

コメント

古いネタですみません。7月に訪問した際にワッシーのガイドで西部照葉樹林を歩き、ためフン現物を見てきました。シャリンバイが芽生えていました。
あんなところにも人が住んでいたんですね。狸に比べてもようやるわ、という気がしないでもないです。

すべてひきあげた後の1970年代の写真を見ると、あの一帯の中心はススキ野原だったようです。いまのような木はまだ育っていなかったはずで、普通の山村風景っぽかったのでしょう。焼酎も造っていたのだろうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81173/10235823

この記事へのトラックバック一覧です: タヌキのためふん5/25:

« 5月24日 白谷雲水峡 | トップページ | 栗生タイドプール水族館(海藻編) »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ