« 『座談会』みんなで語ろう!屋久島の自然・観光・島づくり! | トップページ | 林野庁の協力金 »

2006.09.26

観光協会ガイド部会運営委員会@安房総合センター

久しぶりの運営委員会♪ 本日の議長は新しく委員に選ばれた渡辺太郎くん。

夏シーズン後の初顔合わせなので、議題満載です。

  1. 観光協会理事会とエコツーリズム推進協議会登録認定制度作業部会について報告(松本部会長
  2. H18年度グリーンワーカー登山道整備事業(小原)
  3. 荒川登山口の掲示板設置について(田平)
  4. クレーム事例+安全対策検討全体会(増山)
  5. ガイド部会規定検討委員会より経過報告(満園)
  6. 入山協力金・トイレ問題(松本)

このほかに

  • 縄文杉「いのちの枝」保存展示募金について、説明と協力の依頼 (屋久杉自然館日下田館長)
  • 山中のガイド同士のトラブルについて(満園)
  • 環境文化財団の屋久島研究講座の内容への批評(増山)

2時間半でこれ全部(笑)。

論議が盛り上がったのは、縄文杉ルートの共通ルールつくりについて。それから入山協力金問題についてでした。

みんなに聞いたところ、高塚小屋のトイレをつかいに行く縄文杉日帰り登山者は「微々たるもの」 ということでした。だとすれば、高塚小屋の施設管理協力金を、関係のない縄文杉日帰り登山者に科するというのは筋違いなはなしです。

もし入山協力金が可動してしまうと、ガイドはお客さんにひとり500円ずつはらわせるように、行政機関から協力を求められることになります。

納得できない!という声多数。ガイド部会でもこの問題にストレートにかかわり、検討してゆこうということに(遅まきながら)なりました

眠いのでまたこんど。。

« 『座談会』みんなで語ろう!屋久島の自然・観光・島づくり! | トップページ | 林野庁の協力金 »

◎屋久島『協力金』問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81173/12041835

この記事へのトラックバック一覧です: 観光協会ガイド部会運営委員会@安房総合センター:

« 『座談会』みんなで語ろう!屋久島の自然・観光・島づくり! | トップページ | 林野庁の協力金 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ