« 豪雨で足止め@白谷雲水峡 | トップページ | 屋久島ガイド認定テキスト編集準備委員会 »

2006.11.02

秋の陽だまり

061102_031

ねこミルト@秋の陽だまり。

とくに猫好きでなくとも、つられてつい「にゃーん」とか言ってしまう。

061102_012

サキシマフヨウもまだまだ盛り。

もののによれば、南西諸島固有のハイビスカス。確かにおしべとめしべの構造がふつうのハイビスカスと同じだ。めしべが上を向いていて、じつはひょうきんな花。

ふと猫ミルトを見ると、かたわらを、きょろきょろしながらスタコラ歩いてゆくものがいる。

061102_022

最近よくみかける、足の長い大きなカメムシだ。

これまたによると、足と触角の先が黄褐色なので 「ヒゲナガヘリカメムシ」 らしい。 最近の侵入種とかで、 「・・・冬季には家屋などで集団越冬するといわれる」 とある。もしかして、新天地で冬の合宿場所を物色して歩いているのか?

・・・たっ、頼むからやめてくれ!

« 豪雨で足止め@白谷雲水峡 | トップページ | 屋久島ガイド認定テキスト編集準備委員会 »

屋久島のようす(自然史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81173/12526807

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の陽だまり:

« 豪雨で足止め@白谷雲水峡 | トップページ | 屋久島ガイド認定テキスト編集準備委員会 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ