« かからん団子 | トップページ | 啓蟄@太忠岳 »

2007.03.22

太忠岳の森

070322_36

太忠岳、小花山の森。

本家の花山に比べるとややスケールは小さいものの、雨あがりに霧がはいるとなかなか荘厳な雰囲気の漂う美林です。このあたりは2段になった切株が見られるので、ほとんどはスギとヤマグルマの三次林でしょう。

070322_81

天文の森から上部はモミの巨木が増えてきます。花粉分析の結果、モミは300年ほど前に急激に増えていることがわかっており、薩摩藩政時代の伐採ギャップに侵入したらしい。

070322_84 

モミの落枝に雄花のつぼみがついていました。花粉はスギの2倍ほどあり、車のフロントガラスなどにのっていると、肉眼で見えるほどです。

070322_98_1

太忠岳の登りにかかるとツガの倒木が目立ってきます。’93年の台風でやられたもので、ギャップがヤブになっています。

070322

ヤクシマベッコウ。ベッコウマイマイの仲間で、殻がとても薄い。雨あがりにヤマグルマの倒木などによく歩いています。着生している藻や菌類などを食べているようです。

070322_125 

ごぞんじ天柱石。

« かからん団子 | トップページ | 啓蟄@太忠岳 »

屋久島のようす(自然史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かからん団子 | トップページ | 啓蟄@太忠岳 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ