« | トップページ | 久しぶりの冬型/奄美からの研修 »

2007.03.06

『ポンタンカン』

004

珍品種。ポンカンとタンカンを掛け合わせたミカンです。

麦生のポンタン館で購入。

全体の雰囲気と形はポンカンで、肌合いや色はタンカン、なので、タンカンの皮をかぶったポンカンという感じ。味は、ポンカンのようにどばしゃ!とほとばしるタンカン果汁、という感じ。実にうまいです。

名前はまだないが、『ポンタンカン』で決まりでしょう。大玉が6個くらいでなんと100円でした。

« | トップページ | 久しぶりの冬型/奄美からの研修 »

屋久島のようす(人文社会)」カテゴリの記事

コメント

それは非常に興味深いですねぇ。
僕も早速入手しに行ってきます!

ほんとうまいですよ、これ。

お,おいしそう!
 昨日(3/5),与論帰りの鹿児島空港で屋久島ブースがあり,たんかんの発送受付をやっていました。
 試食もあったので思わず食べたのですが,皮をむいて1房づつになっており,時間が経っていたのか,ぱさぱさで甘みもいまいち,現地で食べるのが一番と感じていました。
 そこへ新種!画像からもひかれますね!
 早く食べてみたいけど,すぐにぽんたん館には行けないし・・・悩ましいです。

試食が逆効果!
なにやってんだー。

はい。でも今年のポンカンもタンカンも味は上々です。樹上で完熟したののもぎたてが最高ですが、屋久島から送られてきたのもおいしいですよ。
しかし今年はすでに品薄だそうです。注文は今のうち。

久しぶりに注文して今週初めに届きました!美味しいです。(かつてYNAC農園?で収穫させていただいたものにはかないませんが)お裾分けした人たちも大喜び♪「行ってきたの?」といわれます、行かれるはずもないのに!!ところで、たんかんってポンカンとネーブルをかけたものと思っていたのですが、それをまたポンカンとかけたら限りなくポンカンに戻ってしまうのでは?とくだらないことを心配しています。写真は確かに美味しそう。

ミカンもいろいろですが、温州ミカンやポンカンなど手でむけるものがマンダリン、ネーブルやオレンジなどの固いのがスイートオレンジです。

マンダリン類とスイートオレンジ類をかけたのがタンゴール類で、タンカンはこのタンゴール類に入れられるらしい。

この手の珍奇さを競うような、数限りない品種群の起源は多くの場合不明瞭で、それぞれの「いわれ」の根拠もほとんと不明のようです。

ポンカンのようなものとネーブルのようなものをかけあわせるとタンカンのようなものができる、とはいえるかもしれませんが、タンカンに本当にポンカンの血が入っているのどうかは、よくわからないようです。

まあどの品種でも、美味いのはまちがいなく有機無農薬栽培ですよ。

買ってきて食べました!
ポンカンのさわやかな甘みと、タンカンの濃厚な甘みが、絶妙にブレンドされ、なかなか美味!

僕の前に入った観光客の団体が、なんとそれを買占めそうな勢いで抱えはじめたので、ちょっとドキドキしましたが、なんとかゲット。今年はそれで終わりのようでした。
危ない、危ない…(笑)

あ~、もうおしまいか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 久しぶりの冬型/奄美からの研修 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ