« 『協力金』問題再燃か | トップページ | 鹿児島大学法文学部の屋久島実習 2007.12.5-7. »

2007.11.29

『協力金』問題再燃か 2

Rimg0116

ヤクシマオナガカエデの紅葉 (ヤクスギランド線alt.370m付近)

鹿児島県環境保護課の谷口課長補佐から連絡があり、昨日11月27日研修センターで「屋久島山岳部保全募金及びトイレ管理事業」に関する意見交換を複数名でしてきました。

いまその結果をまとめていますが、やはりかなり問題ありです。

県環境保護課の方針としては、トイレ問題は緊急課題なので、将来の本格的な管理改善事業が広く薄く求める始まるまでの暫定的なやり方として、この事業を行いたい、いろいろ不十分な点はあるが、事業のやり方については今後パブリックコメントを求めたい、ということでした。

そのやり方の原案がまったくぼろぼろといっていい状態で、こちら側も遠慮なくツッコミまくったのですが、そのなかで一番の問題点は、この人肩搬出もくだんの協力金徴収も将来の本格的な改善までの一時的な管理事業だ、とうたっていながら、将来への道筋がなにも検討されていないことでした。

つまり、暫定的にとりあえず、ということになってはいるのですが、この計画をこのまま進めるとおそらく現状のまま固定化され、本格的な将来どころかもっと悪くなった形で、各役所ごとに利権を握って離さず、屋久島全体の自然管理が硬直してしまうという事態になる危険が高いと思われます。

また、白谷とヤクスギランドの協力金については、林野庁の「既得権」だと関係機関は思っているようで、どうにも歯切れが悪い話になるようです。

しかし白谷とヤクスギランドの協力金は林野庁の既得権だなどと思っている利用者が、はたしてどれほどいるでしょうか?

環境保護課としては、関係行政機関のおよそ7割からOKをもらえればこの計画は進めてよいと考えている、とのことでした。

しかしこの話は利用者の合意こそ得るべきことであって、来島者を財源と見なしている というのなら、来島者が理解しやすい計画でなければ話になりません。これはネットやメディアを使うなどして、もっと広く論議すべきだと考えている、ということを伝えておきました。 

ひとつ付け加えておくと、現状だと協力金の徴収には、徴収自体に協力金収入の6~7割が食われます。全体が200円なのに荒川登山口だけなぜ500円なのかというと、まあ大雑把な話ではありますが、徴収人を置くために差額の300円をいただく、ということのようです。

こういう協力金、払えますか?

(この話続く)

« 『協力金』問題再燃か | トップページ | 鹿児島大学法文学部の屋久島実習 2007.12.5-7. »

◎屋久島『協力金』問題」カテゴリの記事

コメント

払えません!!払いません!!

事態は複雑そうですが、今後も情報の発信をよろしくお願いします。

どう見ても緊急の事態、課題にかこつけてお金をむしり取ろうとしているとしか思えません。

トイレの運搬問題も裏を教えてもらっているので余計にそう思います。

トイレ対策。
「県環境保護課の方針としては、トイレ問題は緊急課題」
であれば、協力金の論議の前に、恒久的トイレ処理対策を解決するのが先ではないでしょうか。
山の中でのし尿処理をインターネットで調べてみると、いたるとこで正和電工のバイオトイレ処理装置がでてくる。
先ず、各トイレ必要場所での使用人員(集中時間帯係数が必要)を把握して、バイオトイレ処理装置の台数と設備金額とランニングコストを調べて公開したらいかがだろう。
原集落(460人)の汚水処理に12億とランニングコスト5000万円もかけたのだから、正和電工のバイオトイレ処理装置が有効であれば、簡単に出来るのではないですか。まだデーターがないのでこんなことが言えるのですが。

鹿児島県環境保護課の谷口課長補佐の方は、以前旧屋久町の助役の方ではないですか。そうであれば、汚水処理のプロではないでしょうか。

谷口さんは鹿児島県から屋久町の助役に出向されていた方です。汚水処理にお詳しいのですか。

正和電工のバイオトイレは電源の有無が分かれ道のようです。ランド線から淀川小屋まで電線を引けば、ずいぶんいろいろな整備が可能になりますね。

私は新高塚小屋などは、もう避難小屋ではなく国営の営業小屋にでもしたほうがいいのではないかと思っています。きちんと審査を受けた人が管理人として常駐してくれれば安心です。

必要なのは、現場サイドで具体的な管理案を練ることではないかと思います。主張ばかりで人の話を聞かない人は要りませんけど(笑)。

モスフォ3 さんの意見に賛成。
いい加減な設備ではなく、登山道を2m幅の道路にして、淀川小屋に本格的宿泊施設を作った方が環境保護に繋がると思う。200万人の観光客が訪れるアメリカのイエローストンの設備と環境を見れば、論より証拠である。
場当たり的対策をしないことである。
金を小出しにするのではなく、どーんと投資したほうがトータルとして効率的である。
インターネットでイエローストン国立公園を検索して、参考にしてほしい。ここも自然遺産である。
土木工事をすれば環境破壊だと言う人がいるが、そうは思わない。設備と管理の問題である。

なお谷口さんは、原集落の汚水処理事業を行った当時の助役さんである。

12月14日の屋久島町定例議会で、この件「屋久島山岳部保全募金及びトイレ管理事業」は審議保留になったようである。すでにおがくずを利用したバイオトイレが小杉谷に設置されているとの報告もある。
あるメーカーが試験的に設置したようである。県はこれを知っているのだろうか。
民間に自由に活動させると早い。

その後事態はいろいろ進展がありました。悪い方には向かっていないと思います。
あとでまとめてエントリーします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『協力金』問題再燃か | トップページ | 鹿児島大学法文学部の屋久島実習 2007.12.5-7. »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ