« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.30

あすは15周年

Muchu_2

会社を立ち上げてもう15年も経ちました。

あまり実感がありません。あっという間だったような気もするし、でも思い起こせばずいぶんいろいろなことがありました。ずーっといい続けていながら結局口ばっかりで実行していないことも多いし、思わぬ展開になったこともありました。

しかし、時代を切り開く、などということは、実際出来るものではありません。しだいに高まる圧力に押されて、突破口が開いただけのこと。勢いづく大きな流れに乗って、転覆しないように一生懸命パドルを操っているような気分がいまも続いています。

結局は自然への信頼感なのだと思います。ブームとか人気とかではなく、生き物として拠り所になる確かなものへの。無意識の危機感がやむにやまれぬ衝動となって屋久島に向いているのではないか。

それは宗教のような形をとりやすいもので、縄文杉が端的なシンボルとなったのはそのためでしょう。

しかし自分の内部だけの達成感で充実してしまうのをあおるようなまねはしたくないし、それだけでは惜しいなあ、と、いろいろおせっかいを試みててきた結果がこの15周年ということなのでしょうね。

これだけの人が屋久島を訪れていながら、その真価はなお明らかにされてはいないと思います。訪問客の皆さんが、自分の刃物で屋久島に切り込むための仲立ちになれたらと考えると、残っている仕事はまだまだたくさんあります。

さて、まずこれから5年間の目標は・・・

2008.06.24

設立15周年記念パーティーのご案内

0506078_285

設立15周年記念パーティーのご案内

お陰様でYNACは来る7月1日をもちまして、設立15周年を迎えることとなりました。これもひとえに皆様方のご支援のたまものです。
つきましては、ささやかながら設立15周年記念パーティーを下記のとおり催し
ますので、どうぞご参加ください。

なお会場の都合上、参加ご希望の方はお早めに小原までご連絡くださるようお願いいたします。⇒このページ右上のプロフィール欄からメールでお願いします。

平成20年6月吉日                             
㈲屋久島野外活動総合センター
代表取締役社長 松本 毅

日時   7月1日(火)午後7時~10時 
場所   安房「散歩亭」 http://www17.ocn.ne.jp/~stpote/
会費   3000円 

  

011

久しぶりに

Yakusugihimesyararimg0069

久しぶりに縄文杉に行きました。日帰りで、という意味ですが、知り合いに会うとだいたい「珍しいね」 などと声がかかります(笑)。

本日は80人くらいでしょうか。みんな昼食をそれぞれ分散してとるためか、12時前後の縄文杉デッキ周辺意外はそんなに混雑している感じはありません。この程度ならそう悪くないという気もします。

2008.06.23

YNAC@mixi

Mixiynac

http://mixi.jp/view_community.pl?id=3357395

mixiに、YNACのコミュがついに誕生してしまいました。どうぞよろしく。

2008.06.22

『ヤマケイJOY2008夏号』

Rimg0061_4

『ヤマケイJOY2008夏号』です。安房の泊書店に入荷したのをやっと入手しました。

屋久島とはほぼ関係ありませんが、表紙がYNAC短期研修生の立田由里子@涸沢です。春号に続いて登場です。すごいですね~。おいしそうな涸沢山荘のソフトクリームと、溶けかけたソフトクリームのような立田のふわふわの美貌で、この本の売り上げは相当上がったものと思われます。

どう見ても爽やかな北アルプスのひとコマです。この立田の頭のなかに、実は屋久島のコケまみれの巨木やら滝やらシカのフンやらゾウムシやらがぎっしりつまっているとは、誰も思いますまい。他に山荘の近くでボルダリングしてる写真も載っています。

立田を抜擢し、ボルダーの背景にこっそり登場しているO編集長の手腕により、ヤマケイJOYは格段の進化を遂げたと思うのですが、Oさんはこの号を最後に次のステップへ進まれるそうです。ひょっとして・・・ヤマケイ本誌の?

2008.06.20

山の神祭り/ガイド連絡協議会総会

080619_otokogawa1_4

19日は旧暦五月十六日の山の神祭りの日です。そんな日にこんなところでいったい何をやっているのか。

ガイド連絡協議会恒例の清掃作業で小瀬田の海岸にやってきたのですが、海岸近くのこの滝の上に古い不法投棄のゴミが散乱しているので、回収したいという案があり、偵察をしているところです。クライマーというかスイマーはよっしー氏。

しかしあまりにも険しく、高巻きも浮石が多そうで危険。この案はとりあえずボツになりました。(ほっ)

080619gomi_8

沢で遊んでる偵察隊を尻目に、本体は日の照りつける海岸の清掃を行い、これだけの収穫を得ました。だいたいYNACのワゴン車エグロン号に一杯です。参加者は、なないろの虹、ネイチャーガイドオフィスまなつ、ネイティブ、パーソナルエコツアー、YNACなどのスタッフ11名。

この日は湿度は高いままに夏の天気となり、うだるような暑さです。

080619_rope6

休憩中によっしー先生のロープワーク講座。ショートロープによるゲストの確保法のデモでなかなか役に立ちそうですが、・・・みんな疲れてこっちを見ていない(笑)。

080619sawaasobi_12

終了後はみんなでさっきの滝まで遊びに 技術研修に行くことにしました。

  

080619_18

夜は宮之浦公民館で平成20年度総会ならびに懇親会。林野庁保全センターや環境省、観光協会からも参加していただき、大いに語って飲みました。

特に熱かったのが、やはり山岳保全募金に関してです。募金に関する問題をきちんと把握している人はガイド連絡協議会にすら非常に少ないです。まず問題を共有し、様々な角度から意見を交換することが大切だなあと、改めて思いました。果敢に口火を切り、市川や小原の主張を真っ向から受け止めて奮戦された保全センターのNさんには拍手です。

(なお会場変更の連絡が漏れておりまして、大変申し訳ありません! ←担当者より)

2008.06.14

淀川モスフォレスト

Koketugarimg0139

淀川のモスフォレスト。分厚くコケが着生したツガ。このあたりは日本で最も降水量の多いところです。

Satukirimg0150

渓谷ではサツキが盛りです。

2008.06.11

梅雨の豪雨

P1020810_2

ヤクスギランド荒川橋より。大増水です。ところが見てる間に・・・

P1020815

なおも増水。真ん中の岩が水没しました。(青木さん、写真をありがとうございました。)

本日湿度がついに92%です。

↓参考写真。減水中の同じ場所です。

Rimg0059_2

2008.06.08

YNACいろいろリニューアル中

Rimg0023

YNACの創立15周年記念にあたり、社内のいろいろをリニューアル中です。これはパンフレットの色稿。でもYNAC側があまりにも遠慮なく次々と修正を出し続けてしまい、デザイナーさんのことが心配になってきています。すみませんウッキーゆかいさん!

 

Rimg0025

YNAC通信25号もやっと力作ぞろいの原稿が出揃った・・・と思ったら、取締役某から社員某の原稿に今また大量のチェックが入り、昼夜編集作業を続けていた内室編集長が、もう切れそうです。しかしそれも今夜ですべて終了し、やっと印刷に回すことが出来ます。すいません編集長!

さらにYNACホームページもリニューアルします。現在作成進行中です。長年YNACサイトを管理してきた市川に代わり、小原が管理人の重責をになうことになりました。果たして勤まるのか?という声も各方面から聞こえてきますし、また小原自身もプレッシャーを感じていますが、頑張りますのでよろしく願いします。

屋久島は雨が降り続いています。でも梅雨前線が南に停滞しているので、案外涼しく快適に過ごしています。

2008.06.04

オオスズメバチの巣

Suzumebachirimg0096

差しかけの中央に堂々オオスズメバチの巣ができ始めていました。

蜂は一匹しか出入りしていないようなので、女王が独力で一所懸命作り上げ、中で幼虫を育てているのでしょう。でもこれが成長してしまうとこちらの生活が成り立ちません。可哀そうではあったのですが、彼女が帰って来て巣に入ったところを見計らって殺虫剤スプレーで退治しました。

翌日、徳利型の巣がきれいなので、どこかに飾っておこうと巣をはずそうとすると、「ブイブイブイブイッ!」 と激しい音がして、なかから蜂がもう一匹! 

やばい!と思わず飛び退りましたが、出て来たのはその一匹だけで、もげかけてゆらゆらゆれている巣の上を、途方にくれたようにうろうろしています。これは娘バチ第一号なのでしょうか。

いかんともしがたく、彼女がふたたび巣に入ったところを、再び殺虫剤スプレー。飛び出してきて苦しみながら森のかなたへビューン!と飛び去って行きました。

まあ、安心した一方で後ろめたい感じも残りましたね。とはいえ共存はできないしなあ。

2008.06.02

シャクナゲ開花2

Syakunagerimg0015

シャクナゲが咲いていると、それだけでもう幸せな気分になってしまう。紀元杉付近にて。

濃いピンクのつぼみから、次第に清楚な白へと変化するあでやかなグラデーションにうっとりしてしまいます。

(おかげさまで、この季節のガイド業務はとってもラクであります。)

今日は台風+前線の影響が屋久島を覆い、一日しっかりした雨が降りました。波風はそれほどでもなかったのですが、視界が悪く、飛行機は全便欠航でした。

風雨に鍛えられたヤクシマシャクナゲは、美しく花持ちがいいといわれ、イギリスの園芸界でさまざまな形で交配の母種として使われたそうです。とはいえ強い雨に洗われた花は、しだいに色を奪われてゆくかのように、退色してゆきます。

Syakunagerimg0041

それでも美しい。これは淀川登山口で。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ