« 淀川小屋バイオトイレ実験終了 2008.11.26. | トップページ | 天然ダブルアーチ »

2008.11.29

安房小中教育講演会@安房公民館 2008.11.3-4.

Kurinoigaimg_8462

安房小学校・安房中学校両PTAは、11月3・4日に、静岡大学教育学部小林朋子准教授を講師にお招きして、合同で「教育講演会」を開催した。

『子供の話の聴き方』『思春期の子供の心理と対応のポイント』の演題で二晩にわたり講演を聞くことができ、PTAとして大いに勉強になった。私は安房中PTA研修部長として、安房小PTAの菊池研修部長とともに実行委員を務めたが、有意義な催しになり満足している。

小林先生には、昨年度も安房小学校で発達障害の子供への対応をテーマに講演をしていただき、その評価は高かったが、今年も期待にそぐわずわれわれPTA会員の心にまっすぐ飛び込む内容だった。

一見可愛らしいお嬢さんのような人なのだが、その実たたき上げのスクールカウンセラーであり、豊富な事例対処の実績とその分析力で日本カウンセリング学会の学会賞(松原賞)を受賞している。

小林さんは実はYNACのお客さんである。

ガイドの際には、屋久島の自然や社会のことから話題がどんどん広がって、さまざまな話題をお客さんといろいろじっくり話しこんでしまうことがある。

お客さんにはもちろんさまざまな分野の方がいて、こちらも勉強させていただくことが多いのだが、一昨年私がモッチョム岳登山を担当したこの女性は、教育の現場についてよくわかっている無類に面白い人で、聞けば大学の先生だという。「屋久島の学校で呼んでくださるのなら、話させてもらいますよ」とおっしゃるのである。

私はそれまで地域小学校にたいした貢献もしていなかったので、反省して次の年PTA研修部長に就任し、秋の教育講演会の枠を生かして小林朋子先生の講演会を企画したのだった。

屋久島を求めて訪れ、この島を大切に思ってくださる方は多いが、屋久島の次代をになう子供のために、ここまで具体的に関わってくださった方は初めてである。その取次ぎ役を務めることができたのは、ガイド冥利に尽きる幸運としかいいようがない。

日々の心労を休めるために屋久島を訪れるのに、そこでまた仕事をさせてしまうのはとても申し訳ないのだが、おかげで安房のPTA一同大きく目を開かされ、成長したと思う。

冒頭の写真は、会場をうならせた「風船⇒紙風船⇒栗のイガ」を使って心の状態を表現したひとコマ。インタープリテーション技術面からもとても参考になった。

なお、くだんのモッチョム岳登山でご一緒した小林先生の親友のOさんは、バッハを奏でる高雅なオーケストラのヴァイオリニストであり、こちらもなにか企画を・・・とちょっと考えている。

⇒南日本新聞の記事「081116.jpg」をダウンロード

⇒小林準教授のブログ『ある日のコバ研

⇒菊池安房小学校研修部長のブログ『フォトライター菊池の屋久島移住ライブ日記

« 淀川小屋バイオトイレ実験終了 2008.11.26. | トップページ | 天然ダブルアーチ »

屋久島のようす(人文社会)」カテゴリの記事

コメント

質問がありましたので補足します。私は昨年度は息子小6で安房小PTA、今年度中1で安房中PTAです。

昨年度のアンケートで「もっと小林先生のお話を聞きたい!」という声が非常に多かったので、両PTAで話し合って今年は小中合同で開催しようということになったのです。
他の学校の先生や保護者の方の参加も多く、両日とも盛会になりました。

2年続けて、お声をかけて頂き、ありがとうございました。屋久島の皆さんのお役に立てたことがとてもうれしいです。だんだん島の方たちとの顔馴染みが増えてきて、次に島に行く時の楽しみが増えました(笑)。

本当にあのモッチョムでガイドしていただいた時からのご縁なので、すごくある意味不思議な感じもしますね(笑)。そのきっかけ?は、長女F子ちゃんが私の母校に入学することになり→その大学のキャンパス・周辺には変質者が多い→父親として真剣に心配するモスフォ3氏→急きょ、F子ちゃんにその大学でのサバイバルの仕方を伝授することに・・・

出会いって面白いものですね(笑)

PTA新聞用のまとめに四苦八苦しています。(全講演のテープおこし原稿完全版、面白いですよ。小林さん、見ます?)

問題は総論の後の、各々のケースへの対応なんですよね。実際には本当に困っているというより、とにかく誰かに話を聴いて欲しい、という欲求が噴出しているのかもしれません。

でもそれは到底無理なので、さしあたって講演を聴いたらまず自分で考える必要がある、としか言えません。

少なくとも鹿児島県からスクールカウンセラーを定期的に派遣してもらえるような仕組みを作れるといいのですが。

屋久島町町報12月号に、この講演会の記事が掲載されました♪
なんと小原も写真にちょこっと登場しています。

モス3サマ

次に屋久島に行った時に、記録を見せて下さいね~町報にも載せて頂けたとのことで、PTAの皆様の熱い気持ちをまた思い出しました。一緒に仕事ができて「感謝!」という感じです。
あ~そろそろ・・・・また行きたくなってきました・・・

小笠原にも来ていただきたいなあ。

6日間の拘束になりますけど。

予算確保が課題ですね。

マルベリーさん

小笠原のダイビングって、どんな感じですか?

もう2年以上潜ってませんです。

まあわりと何でもありってとこでしょうか。
伊豆と沖縄のミックスのような。

サンゴポイントもあれば、
ダイナミックポイントもありだし。
穴は宮古島みたいにに多くないです。

詳しくは潜ったはずの社長に感想をお聞き下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 淀川小屋バイオトイレ実験終了 2008.11.26. | トップページ | 天然ダブルアーチ »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ