« 「屋久島丸」就航 | トップページ | 南日本新聞に記事 »

2008.12.24

「エコツアーガイドのためのコケ学講座」 2008.12.23.

Sizerimg0117

「エコツアーガイドのためのコケ学講座」 開催しました。

講師は西村直樹岡山理科大教授。西村先生は日本蘚苔類学会会長というコケ界の重鎮です。コケならなんといっても屋久島でしょうということで、われわれエコツアーガイドを対象に、コケのイロハを指導してくださいました。

ガイド側の参加者は、ネイチャーガイドオフィスまなつ、旅楽(たびら)、ネイティブビジョン、といも、自然のポケット、なないろの虹、YNACなどのスタッフ17名です。

この日はまず屋久杉自然館の研修室で生命と植物の基礎についてレクチャーがあり、生命の大河の下流に屋久島のあふれる生命がある、という熱い西村先生のメッセージを肝に銘じた後、フィールドへ。

気温が低かったものの天気はよかったので紀元杉付近まで登り、ミズゴケ類とホウオウゴケ類の充実した分類実習。しかし立ったりしゃがんだりしながらハンディ顕微鏡でコケを見ているとさすがに凍えてきます。昼時をしおに、自然館まで一旦下山。

暖かい下界の陽だまりで昼食。肉まんをバーナーとコッヘルで蒸してうまそうに食べていた人もいました(笑)。後、照葉樹林帯の渓谷で観察し、15時半ごろ終了。

反省会では西村先生に参加者側から三岳、黒麹屋久の島、トビウオの一夜干し、燻製、ポンカン、リンゴ(?)などをお贈りし、喜んでいただきました。

実にいい勉強になりましたし、それに加えて、やはり同じ言葉で語れる仲間同士で自然を遊ぶ、という楽しみがあります。冬場のオフシーズンはこうやって楽しく研鑽を積めるといいなあ、と思います。

また企画しましょうか。

« 「屋久島丸」就航 | トップページ | 南日本新聞に記事 »

エコツアーの仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「屋久島丸」就航 | トップページ | 南日本新聞に記事 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ