« 年末の大隈半島行 2 | トップページ | 屋久島もかなりの積雪 »

2009.01.06

年末の大隈半島行 3

Rimg0322_2

さらに東へ走り、これも一度行って見たかった旧高山(こうやま)町波見(はみ)の轟の滝。

なるほどなかなかいい感じの花崗岩滝です。ここは鹿児島県下では有名なウォータースライダーの名所で、夏ともなれば鹿児島の放送局が必ず取材に来る、地域の話題コーナーの定番スポットです。

Rimg0324_2 

いろんなコースが取れそう。そういえば何年か前に増水時に蛮勇をふるって飛び込んだ男性が、見えない水中の岩で頭を割って亡くなった事故もあったと聞きました。上段の滝はややグレード上で上級生向けか。ちょっとやってみたかったのですが、南国とはいえ水温はそうとう低く、止めておきました。全体としては滝のある横河渓谷という雰囲気です。

Rimg0330_2 

入口駐車場の看板。商工会青年部による指導が非常に具体的。昔この滝で鳴らした川ガキたちが、後輩たちにそのノウハウを伝えるため立てたものに違いありません。すり足で、ゆっくり、ふんばる、等がキーワードにして極意。YNACの沢登りツアーとまったく同じです(笑)。

この荒瀬川上流では現在ダム工事が進んでおり、その影響で水はやや濁り気味。今後水量が減ったりして、この滝の風景も大きく変わってしまうかもしれません。

大隈半島では今もなお、必要があるのかどうかわからない公共工事があちこちで行われており、自然破壊が現在も進んでいる印象を強く受けました。

« 年末の大隈半島行 2 | トップページ | 屋久島もかなりの積雪 »

沢登り MCC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年末の大隈半島行 2 | トップページ | 屋久島もかなりの積雪 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ