« ミシュランで屋久島が三ツ星獲得!! | トップページ | 皆既日食協力金1000円? »

2009.02.12

日食前後1週間の屋久島入島者数を町が一元管理~できるのか?

7月の皆既日食前後1週間の船便での屋久島入島者を、屋久島町が一元管理する、との報道があったが、その内容に唖然としてしまった。

この記事を読む限り、7月19日~25日の一週間、キャパを越えて押し寄せる観光客は迷惑であり、町として完全規制を貫く、といわんばかりの意気込みである。

こんな大枠を一方的に突然決められても、当事者は困るのだ。

詳しく聞こうと思っても、窓口の「日食予約センター」に問い合わせが殺到して回線がパンク状態になっており、ぜんぜん連絡が取れない(笑)。

かろうじてつながった電話で確認した内容によると、「当日の全体のキャパを宿の定員(4200人)とキャンプ場の定員(300人)計4500人に限定して、宿の取れた人から優先して船の座席を割り振ってゆきます」ということのようである。

日食ツアーというのは要するに町の予約センターを通した予約はすべて日食ツアーということにし、町がマージンを取る、ということらしい。日食ツアーという名のツアーが行われるわけではない。

また、予約センターは申し込み人数が多ければ3月20日に抽選を行って、外れた人は島に入れないという。

なるほどかなり厳しい規制のようだ。ところがさらによく聞くと、「日食予約センター」の予約以外に、各船会社でも一般予約は受け付けるというのである。

それじゃあぜんぜん一元管理じゃないじゃないか(笑)。

鹿児島商船とコスモラインに問い合わせてみると、町からの予約枠がどのくらいになるかわからないが、1ヶ月前の予約開始のその前に、「予約センター」の分を優先して入れ、余った分に一般の申し込みをもらう、とのことである。要するに町にはねられても、普通の予約はぜんぜん可能なのである。

果たしてこの「一元管理」とやらはうまく行くのか?

現在の入島人数のキャパは、1日につきフェリー2便約1500人、ジェットフォイル7便約1750人、合計3250人/日。飛行機6便約450人で、合計約3700人ということになる。

町はすでに「受け入れ可能数4500人」と宣言してしまったのだが、3日間交通が満員になれば、3日分の来島最大人数は11100人で、6600人オーバー。飛行機は除くとしても、5250人オーバー。町が「これで町の決めたキャパは満杯ですからこれ以上予約を入れないでください」、と言ってみたところで、そんなことを各船会社が7月の稼ぎ時に受け入れられるわけがない。

もうすでに破綻が見えているではないか。

この状況では、町が「合法的な来島は町が認めたものだけです、それ以外に来る人は非合法です関知しません」 といったって、それは言い逃れにしかならないだろう。

もし何も手を打たなかった場合、宿の取れなかった5000~6000人はどうするか。山小屋に集中する可能性が高くないか?

予約センターで宿泊を確認したとき、「山小屋に泊ります」という人は確実にいるだろうし、それを拒否する理由もないはずだ。また予約を断られたので、並んでフェリーに乗ってきました、という人だって当然でてくるだろう。

町が人数を決めて、それより多い人に門前払いをしようとしても、現実的な対策を考えなければ、受け入れられなかった何千人という人々が、ただでさえ過剰利用が問題にされている山中に集中するかもしれない、ということだ。

いいのか?それで。

この規制話の当初から、大人数が殺到して島の生活が破綻する、などと町はマイナス面ばかりを強調してきた。しかし、どうもわからないことがある。

関係者は日食って楽しみじゃないのだろうか?

私などは凄く楽しみなのですが。

なにしろ皆既日食がこの世界遺産の地屋久島で見られるのである。世界的大スペクタクルではないか。苦労はあるだろうが、ここはひとつ世界中からやってくる皆さんと一緒にこの一大天然ショーを楽しみましょう!という意見がどこからも出ないのはなぜだろう?

里帰りや知人友人枠は多少期待できるだろう。しかし特設キャンプ場などは用意しない、などと頑張ってる場合ではなく、少なくとも2000~3000人規模のキャンプ村くらいは開設しないとまずいのではないだろうか。

その程度の人数なら、大地震被災地の避難キャンプや難民キャンプ、あるいは何万人クラスの大規模なロックフェスティバルなどのノウハウが、国内に蓄積されているはずだ。

あるいはホームステイ制度を作って、一般世帯に臨時の民宿になってもらうというのはどうだろう?

まだ時間はあるのだ。破綻の見えている計画に固執せず、楽しいイベントとして日食を迎えるわけにはいかないだろうか。

« ミシュランで屋久島が三ツ星獲得!! | トップページ | 皆既日食協力金1000円? »

ニュース」カテゴリの記事

日食」カテゴリの記事

コメント

あの条件の悪いトカラ列島ですら1500人を受け入れると覚悟を決めているのです。

土地は広く水も豊かで条件がはるかに整った屋久島が、現行の宿の定員しか受け入れないといいはる、というのは事実上なにもしていないということで、怠慢としか思えません。

ご無沙汰しております。
お天気ばかりはどうにもならないけれど、人間の知恵でどうにかなることは最大限の努力をして、めいっぱい楽しみたいものです!本当に貴重なチャンスですもの。
しかし人が日食をどの程度すばらしいことととらえるのか、その温度差はやはり大きいのも事実のようです。我が職場でも有志参加のツアー企画に対し、費用がかかりすぎるとのことで中止を求める意見がずいぶんありました。幸い何とか説得し実施できることになりましたが。
私は仕事を離れて楽しみたいので自力で手配を進め、やっとめどが立ったところです♪あとは1日1個ずつでもてるてる坊主をつくりましょうか!
そして受け入れ側の英断を祈ります!!

 入島者数制限策として「ツアー化」にはご指摘の通り、問題ありです。
 旅行会社へ委託せずに、町(観光協会)が窓口になる。たぶん近ツリと話が折り合わなかったのでは?
 町がマージンを取る「受益者負担」の料金は公表されていませんが、おそらく、3,000円以上にするでしょう。

 その他、「協力金」なるものなど、荒川登山口のシャトルバスの料金が、往復2,000円と昨年より値上げし、日食の期間にも敵要されます。
 当局は、規制を傘に、入島者から取るだけ取ろうと考えている。
みんなで、楽しむイベントなど考える頭などないんでしょう。
このままでは、「皆既日食」のことを考えると島民として、怖い(;´д`)トホホ…

「休耕地はたくさんあるので、草刈りしてくれればキャンプしていいですよトイレは埋めて水は川で汲んできてね」
とか
「駐車場を臨時キャンプ場として営業します」
とか
「スーパーや無人市で日食期間中食料品大バーゲン開催中」とか、お祭り的なことはいろいろ考えられるなあ。

「山の自然を守るために、非合法キャンプ場を用意して何が悪い!?」なんて見得を切ってみたいものです(笑)。

日食のためやって来た、観光客が台風で時化こまれたら…
ただでさえ、フェリーが欠航した日のスーパーは
悲惨な状態なのに…想像しただけで恐ろしい。
交通事故とかなければいいが…玄関開けたらすぐ県道な
家もあるのでドライバーのみなさん気をつけて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミシュランで屋久島が三ツ星獲得!! | トップページ | 皆既日食協力金1000円? »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ