« 環境省世界遺産センターの展示に… | トップページ | 荒川ダムにて »

2009.04.05

春の訪れ~新緑再開

Mottyomu_sinnryoku

3月中旬からの冷え込みで止まっていた照葉樹林の新緑ですが、4月に入ると南からの雨とともに再開です。本富岳の山麓から雨上がりの斜面をスダジイの黄緑が駆け上がってゆきます。

Sennpiro

千尋之滝。水量が多いのですが、新緑は今一つ。

 

Ookonotakiisan

増水した大川之滝。勝利を宣言する I さん。フラッシュをたくと、滝から無数のコダマが吹き飛んできているのがわかります、ってもう古いか。

この状態の 大川之滝では、なぜか誰もがハイテンション。びしょぬれになるのも構わず滝手前の岩場へ突撃してゆき、駐車場ではほかの人にそのことを自慢し合っています。

« 環境省世界遺産センターの展示に… | トップページ | 荒川ダムにて »

屋久島のようす(自然史)」カテゴリの記事

コメント

大川の滝、すごい水量ですね!
わーわー言いながら岩前まで突進して、ニッ!
って、絶対しちゃいますわ(≧∇≦)

そのまま飛び込むとちとやばいですけどね。
昨日ガイド連絡協議会の定例会で、市川のブルネイ報告がありました。ブルネイとかムルとか、あのへんは濃いですね~。怪しの水浴シーンとか面白かったです。

今年の年末には私もそろそろなにか企画しようと思ってます。

怪しの水浴シーン・・ということは、あれですね!
定例会で、 ひぇ~

モスフォ3さんはもう企画されないのかな?
と思っていたのです
どこでしょ?何でしょ?楽しみにしています

今年の年末?ワクワクします!
どんな企画になるのか・・・楽しみにしていますlovely

ブルネイは来年も企画します。
現地ガイドのジャングル・デイブは、極めて優秀なエコツアーガイドだと、市川が高く評価しています。

またジャングル・デイブも、我々のツアーを「このゲスト集団はなかなかタフで、案内のしがいがあるぞ」と思ったそうで、また新たな企画を磨きつつあるようです。

小原の企画には、まず下見が必要だろうと思っていますが、さてどうしようかな。バリ、チェンマイ、台湾、その他・・・

何十m先の木々を渡るテナガザル音を聞き分け
微かな動物の匂いや鳴き声を聞き分けて教えてくれる
ジャングル・デイブの側にいるだけでも
価値ある体験でした
「今政府に新たに川でのカヤックと釣りを申請中なんだ
ワニがいるけどね」と目をくりくりさせて語ってましたわ

モスフォ3さんも、やっぱり熱帯ですよね!

タイもいいなあ、と思っていたら、なにやら騒動中とか。たぶんいなかは全然大丈夫なんでしょうけれども。

集客を考えると、今はなかなか難しいかも・・ですね
ジョンゴンさんやヤイさん、元気かな~?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 環境省世界遺産センターの展示に… | トップページ | 荒川ダムにて »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ