« 北海道新聞十勝帯広版 2009.5.23. | トップページ | 嵐の後の動物たち »

2009.05.29

プレシャクナゲ登山 2009.5.27

Rimg0026

わけあって、嵐の27日に淀川~宮之浦岳間シャクナゲ登山を敢行。

このような美しい花が、ところどころに咲いていました。

花が少ないのはわかっていたのですが、今年の花期は意外と早いようです。ぽつぽつながら、すでに咲いてしまった株が多いような・・・

Rimg0033

しかしまだつぼみはありましたし、花はあまりにも咲きすぎていると、そのうち驚きも喜びも薄れてしまいます。少ない方が有り難味もあろうというものですよね。(笑)。

大雨の中、ちょっとした岩の草付きに、高さが2㎝もないようなマイズルソウがけなげに咲いていました。

Rimg0025

本当に小さいです。

 

Rimg0032

久しぶりの大雨で、花之江河も満々と水を湛えています。強制収容所状態で死を待つばかりだったオタマたちも、思いがけず解放されて自由を謳歌しているようです。↑右上の浅い水域に、うじゃうじゃ散らばっていました。

« 北海道新聞十勝帯広版 2009.5.23. | トップページ | 嵐の後の動物たち »

屋久島のようす(自然史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道新聞十勝帯広版 2009.5.23. | トップページ | 嵐の後の動物たち »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ