« ハゼノキの枝をめぐるサルシカバトル | トップページ | にぎわう宮之浦港 »

2009.09.16

サルが防衛する

ハゼノキの枝を強奪したサルが、実をつまんで食べています。枝を奪われた若いオスジカは、腹立ちまぎれにもう一頭に蹴りを入れる。蹴られたオスはすごすごと・・・回り込んでハゼノキに首をのばします。サルはザケンジャネー!とばかりに怒涛の勢いでシカをどつき、激しく追っ払いますが、そのすきに、さっきの若オスジカが首をのばし、気づいたサルはすかさずそっちに突撃。すると追っ払われた方のシカがまたとことこと・・・サルが素早く防衛し、油断も隙もあったもんじゃねえ!と。

サルも強引だが、シカも粘ります。

« ハゼノキの枝をめぐるサルシカバトル | トップページ | にぎわう宮之浦港 »

屋久島のようす(自然史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハゼノキの枝をめぐるサルシカバトル | トップページ | にぎわう宮之浦港 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ