« 屋久島のダイアモンドリング | トップページ | サルが防衛する »

2009.09.15

ハゼノキの枝をめぐるサルシカバトル

西部の森にて。

サルが樹の上で採餌していると、おこぼれを期待してシカが集まってきます。

落ちてきた実付きの枝を1歳くらいの若いオスジカが食べていると、向こうから別の雄ザルがやってきて、歯をむき出してその枝を強奪!唖然としたシカは、返せよ~と首を伸ばして取り戻そうとし、そのたびにサルが攻撃的にシカを撃退します。

見どころは20秒付近。サルの攻撃に腹を立てたシカが目にも止まらぬ鋭いシカパンチをお見舞い!辛くもサルはこれをかわしますが、これをくらったら、サルもただでは済まないでしょう。

サルを怒らせてもいけませんが、シカを追い詰めてもこわいことになりますね。

ハゼは普通の人が触るとかぶれて大変なことになりますが、サルもシカもまったく平気なのが驚きです。実からはハゼ蝋がとれ、和ろうそくの原料となるものなので、カロリーは高いのでしょうけれども。

« 屋久島のダイアモンドリング | トップページ | サルが防衛する »

屋久島のようす(自然史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 屋久島のダイアモンドリング | トップページ | サルが防衛する »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ