« 旧暦五月十六日は山の神祭りの日 | トップページ | 今日は夏 »

2010.06.28

宮之浦岳淀川登山道 2010年夏期通行止めの見通し

屋久島観光協会からの申し入れで行われた再検討会議を経て、環境省から「お知らせ」が出ました。全文はこちら

要するに、

①淀川橋はこれまでの増水では壊れていない。

②梅雨が明ければ通行止めは一時解除し、7月末までは通行可とする。

③8月初め~10月中旬に橋の補強工事。作業内容によって一時的に通行止めにすることもあるが、その期間は未定。

④淀川橋が使えないときは淀川登山口~花之江河間は全面通行止め、という点は譲らない。浅い淀川を渡ればいいだけだ、という意見も断固認めない。

⑤どうしても宮之浦岳に登りたいという初心者は、2泊3日で荒川登山口から往復してください。

ということです。

あくまで淀川を通さず、荒川から宮之浦岳往復(高塚2泊)を推奨する、という荒業に出ました(笑)。

夏期の淀川徒渉が危険である、とする理由はなんなんでしょう。残念ながら依然として納得以前の問題です。

通行の安全が確保できないというのなら、山岳部利用対策協議会の名において、荒川で協力金を人から取ったりしている人員を、淀川の橋番にまわせばいいのです。金をとることにばかり熱心になってないで、利用者の便宜を図るという姿勢を見せてほしいものです。夏の屋久島旅行や登山を計画している人がどれだけ困ったか、すこしは分かってほしいですね。

もたもたしたあげく、適切な判断のできないような行政のありかたこそ、まず仕分けの対象にするべきであって、消費税を上げてる場合ではないでしょう(笑)。(このへんぜひこちらをご一読ください。)

そういえば、指摘がありましたが、「協力金」に消費税ってかからないんでしょうか?どう処理されてるんでしょう?

まあ、屋久島は、こんな状況です。この夏の計画にお困りの方は、ぜひYNACにご相談くださいませ⇒www.ynac.com

« 旧暦五月十六日は山の神祭りの日 | トップページ | 今日は夏 »

エコツーリズムの動き」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

屋久島のようす(自然史)」カテゴリの記事

コメント

私もう、なにも言いませんので、ご安心ください。
お金をとるけど、何も還元はしない
お金をとらないところは見にも行かずに通せんぼ
でありますね。以上。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

ちょっと修正。

⑤どうしても宮之浦岳に登りたいという初心者は、2泊3日で荒川登山口から往復してください。

⇒⑤通行止め期間中、どうしても宮之浦岳に登りたいという初心者は、2泊3日で荒川登山口から往復してください。

です。  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~  ←これいいですね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧暦五月十六日は山の神祭りの日 | トップページ | 今日は夏 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ