« 森の木琴 | トップページ | 屋久島観光協会 最新登山情報 2011.3.20 »

2011.03.16

安房中学校3年学級PTAは大震災義援金を送りました

安房中学校3年学級PTAは大震災義援金を日赤に送りました。

3月15日、屋久島町安房中学校では卒業式が行われ、愚息Kも楽しかったらしい3年間を終えました。世の中は東北の地震・津波と原発事故の不安な空気に覆われており、まだ初々しい卒業生たちにとって、なんともすさまじい門出になったと思います。

安房中はひと学年ひとクラスの小さな学校です。それでも、毎月何千円かの校納金というものが集められており、それなりの額になります。今年は何かの理由で予算が黒字が多かったので、各家庭に払い戻したりするということにしていたのですが、クラスの役員からの発案で、募金を呼び掛けることになりました。

以下、呼びかけ文です。

安房中学校3年生ならびに保護者のみなさま

お疲れさまです。明日の卒業式、そして新しい進路へ胸を高鳴らせておられることと思います。

さて、みなさまご存じのとおり、3月11日、宮城県沖でマグニチュード9.0の「東北地方太平洋沖地震」が起こり、地震とこれに伴う津波で、東北地方太平洋岸を中心に想像を絶する被害がおきました。

1500人を超える死亡が確認され、1万人以上の人が行方不明になっています。37万人に及ぶ人たちが北国の寒空のなか避難を強いられています(ちなみに鹿児島市の人口は60万人です)。被害範囲はまだ見当もついていない状況です。

どれほどの学校が壊れ、生徒や先生が被災したのかもわかっていません。中学生や先生方にも命を落とした人、家族を亡くした人、卒業も進学も見通しの立たない人は数え切れずいるはずです。

安房中3年生は、卒業式を前にして、学級予算の余剰金を持っています。

3年生学級PTAの委員長、各専門委員長、担任の先生方で意見交換を行い、卒業にあたってこのお金を赤十字を通して被災地へ義援金として送れないだろうか、という話になりました。少しでもまとまった義援金が今いちばん求められているからです。

つきましては、卒業式の際、余剰金が返還されますが、これを学級PTAで集め、生徒とともに赤十字へ募金をしたいと思います。ぜひみなさまのご賛同をお願いいたします。募金の金額については任意といたします。

安房中学校3年生学級PTA
委員長 

卒業式の後、H委員長と生徒二人は、集まった8万9100円を安房郵便局から日本赤十字社に送りました。

石巻赤十字病院は最も津波のひどかった地域に隣接し、現在患者さんに加えて事実上の避難所にもなっています。救援、治療に少しでも役立てば嬉しいです。

なお委員長のHさんは安房で「スマイリー」を経営されてます。マフィンサンドもスィーツもすばらしく美味しいので、安房においでの際はぜひどうぞ!

« 森の木琴 | トップページ | 屋久島観光協会 最新登山情報 2011.3.20 »

地域の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 森の木琴 | トップページ | 屋久島観光協会 最新登山情報 2011.3.20 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ