« | トップページ | 白谷の新緑 »

2011.04.01

高塚・鹿之沢の積雪情報

高塚・鹿之沢では相変わらず雪の状態が悪く、一般登山は無理です。ガイドの友人や、縦走を試みた人からの情報を集めてみました。

「新高塚までは雪があるが行ける。その上はかなり条件が悪い」

「新高塚~焼野あたりまで無理して突破したが、大変な苦労した」

「淀川~宮之浦岳は積雪問題ない。登山可能」

と、こんな感じのようです。今年の雪は積雪と融解をくりかえし、性質の悪い硬さになっています。

ふつう3月末~4月始めであれば、残雪が残っていてもキックステップにストックで十分なのですが、今年はややあぶない雪渓歩きがあるようです。アイゼンとピッケルが必要でしょう。

気温が上がり、登山道につまった厄介な雪が消えるまで、要注意です。

鹿之沢の融雪はもう少し遅れる可能性もあります。

私は4月5~6日に縦走する予定ですが、条件はやや微妙なところ。

« | トップページ | 白谷の新緑 »

気象」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見させていただいております。
屋久島の「今」が分かって大変参考になります。

私も近々(4/10入山予定)縦走を考えておりますが、今年は異常に雪が多いようですね。
実は1月の連休も白谷雲水峡から単独で入山したものの、あまりの雪の多さに登頂はあきらめ、高塚小屋までで敗退しました(小屋に1泊)。
いまだに雪が大量に残っているということは、相当コンディションは悪いと見た方が良さそうですね。

コース選定は慎重にしたいと思います。

なんだかタチの悪い雪で、なまくらな氷のような感じです。昨日から気温が上がっているので、そろそろ融け始めるとは思いますが、まだ手こずるかもしれません。

高塚~平石あたり、それから鹿之沢あたり、日の当らない樹林帯が問題のようです。

mossforester3さん、情報ありがとうございます。
確かにご指摘の箇所は日中でも日が当らないし、まだまだ気温の上がり具合も鈍いようですから、来週も氷化した雪が多く残っているかもしれませんね。
特に足回りは冬山に準じた装備で臨みたいと思います。

鹿之沢あたりはまだ大変なようです。ブッシュが登山道の両側から雪で倒れこんでブッシュバリケードを作っているもよう。

高塚尾根上部は頑張れば通れるが、厄介みたいです。

私は予定を変更して、明日は白谷から高塚までです。

なるほど・・・
新高塚~平石の突破がカギを握っているようですね。
また、できれば鹿之沢経由で永田に抜けようと思っていたのですが、無謀かもしれません。
私も無理しないよう心がけます!(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 白谷の新緑 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ