« ガジュマルの大害虫 オキナワイチモンジハムシ | トップページ | 環境省「携帯トイレブース」と新高塚小屋トイレ建設 »

2011.04.22

4月の雪

Rimg0012

4月20日、雪渓の残る宮之浦岳。大株歩道から。山頂付近に樹氷がついて、

19日には寒波が訪れ降雪がありました。標高の低い白谷雲水峡でも日中アラレが降ったくらいです。気温が低く、夜はけっこう冷え込みました。

20日はいい天気でした。宮之浦岳山頂の樹氷もすぐに融けたようです。

今年は雪が多いといわれてますが、考えてみれば20年前までは(笑)、3月は積雪期でした。木の芽流しの大雨でだいたい融けてなくなると言うのがふつうのパターンで、4月に残雪があるのも特に珍しくはありませんでした。

この20年間、雪が減っていたんですね。

温暖化が進むと理屈では海の蒸発量が増え、積雪が増えるらしいのですが。

« ガジュマルの大害虫 オキナワイチモンジハムシ | トップページ | 環境省「携帯トイレブース」と新高塚小屋トイレ建設 »

屋久島のようす(自然史)」カテゴリの記事

コメント

わ、また山に雪が増えてますね!(>_<)

先日屋久島にお邪魔したときは穏やかな日が続いたことから、もうてっきり夏に向かっていくと思っていたら…

でも、これが本来の屋久島なのでしょうね。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガジュマルの大害虫 オキナワイチモンジハムシ | トップページ | 環境省「携帯トイレブース」と新高塚小屋トイレ建設 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ