« 6/12(日)発 ニュージーランド! ジュラ紀の森とマオリの物語へ | トップページ | 羽神岳で『宙杉(そらすぎ)』発見! »

2011.05.02

羽神岳の大屋久杉

110502_15

羽神岳の大屋久杉。中は空洞になっており、内側に斧の痕が残っています。薩摩藩政時代に試し切りをしたらしい。

国有林伐採の魔の手をも逃れて、生き延びたようです。切られなくて本当に良かった。

110502_35

その近くの国有林屋久杉伐採のようす。江戸時代の残材をとりだす土埋木ヘリ集材をやっていたと聞いていましたが、生きている屋久杉もついでに切っていたようです。

このあたりは数年前に観察していたのですが、伐採ギャップにあまり次世代の植物が生育していません。

林野庁が伐採した跡は、ヤクシカが新しい植物を食べることもあって、再生が進んでいないもようです。

植生が回復しないと、雨による土壌の流出が進む可能性があります。

« 6/12(日)発 ニュージーランド! ジュラ紀の森とマオリの物語へ | トップページ | 羽神岳で『宙杉(そらすぎ)』発見! »

屋久島のようす(自然史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6/12(日)発 ニュージーランド! ジュラ紀の森とマオリの物語へ | トップページ | 羽神岳で『宙杉(そらすぎ)』発見! »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ