« 2011年9月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月

2011.11.20

屋久島の雨フルパワー! 鈴川で爆発的な増水

Ca3a0045

11月19日、嵐で自然クラブ沢部の予定が中止になり、仕方がないので、懇親会を湯泊のKさんの新居で行うことになりました。県道を湯泊に向かう途中、尾之間と小島の境界、鈴川大橋にさしかかったとき、習慣でちらっと右をみると。

「!?」

なにか凄いものが見えた気がしました。

Uターンして、撮ったのが上の写真。

屋久島在住の方はお分かりでしょうか。鈴川上流の大スラブ(一枚岩)群に、雨の時にだけ見える滝が沢山あります。矢玉の滝というのはこのあたりのどれかだと思うのですが、そのひとつ、普段はスラブの中に白い滝が一筋見えるものなのに、今日は・・・スラブ全体が巨大な滝になっています!

普通はありえない水量です。

1

 
このレーダー画像だと、せいぜいちょっと強い雨くらいの予想しかできません。まさかこれほどの雨が降るとは想像しませんでした。

Ca3a0049
 

大橋からの鈴川(すすご)。川幅いっぱいのホワイトウォーターになっています。

Ca3a0052_2

こちらは旧道橋から。よく橋がおちないものです。ちなみに川に浮かぶ島のような岩は、径2~4mあります(笑)。

 
 

鈴川でこれほどの増水を見るのは、初めてです。蛇之口滝や尾之間歩道の途中の徒渉点はさぞ凄かったことでしょう。山に入っている人がいなければいいが・・・と思いました。

2011.11.04

入島料が抱える意味について

荒木耕治新屋久島町長が、縄文杉の利用制限の凍結と、入島料の新たな導入を語ったと、新聞各社が報道した。

屋久島町環境政策課が作った、縄文杉ルートの利用を1日最大600人~420人にする、という内容を含む「エコツーリズム推進全体構想素案」を、町議会が否決し、それをうけて、選挙を経たうえでの発言だろう。

縄文杉の利用調整の否定は、エコツーリズム法に基づく初の地域導入を目指した環境省のメンツを大きく損なわせるものともなり、なにかと話題になっている。

しかし、入島料問題のほうが根深いものを抱えている。

続きを読む "入島料が抱える意味について" »

« 2011年9月 | トップページ | 2012年1月 »

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ