自然クラブ

2012.04.15

屋久島自然クラブ沢部 花揚川 2012.4.14 

P1000488_2

4月の沢部は屋久島南東部の花揚川~前岳(965m)。沢登りグレードでいうと、2級程度。初~中級者向けの谷。それほど悪いところはないが、大滝と上の二股の高巻きがカギになる。

花揚川は、下部は亜熱帯ぽい照葉樹林に包まれた緑濃い平凡な谷、上部は大滝や二股の滝など高巻きを強いられる迫力のある谷で、詰めはやや倒木ヤブが多いものの、すっきりと尾根に上がることができる。

 

P1000463

下部はだいたいこんなかんじ。標高400mあたりまで登ると、白谷雲水峡と似てくる。

 

P1000476

たまに滝っぽいところが現れるが、難しいところはない。ただし、沢の詰めにも、前岳からの下降にも読図が少々難しく、地図をぼんやり見ていると、ルートを誤ってしまう。読図のトレーニングにぴったりなのである。

 

P1000482

みんな、だいぶ読図力が向上しましたな。

 

P1000511

谷がやや狭まってくる標高560mで、唐突に大滝30mが現れる。水量は少なくシャワー状だが、ここまでの谷が平凡だっただけに衝撃的。

初溯行の際は右側を登ったが、今回見るとその登った部分が崩壊して、ルートが消滅していた。新しくトラバースルートをひけそうなバンドはある。今回は人数が多いので、パス。

 

P1000529

大滝を大高巻きして谷に戻ると、いくつか滝が続く。二股の両門の滝を高巻いて右谷に入り、前岳の西鞍部に詰めあげ、前岳頂上に登った。なんだかんだで溯行時間9時間。初溯行時には3時間で登ったので、3倍かかったことになる(笑)。

 

P1000544

初級向けとは言え、1000m級の山を越えるちゃんとした溯行ルートである。ほぼまったくの素人グループとして活動を始めた沢部だが、1年でだいぶ力をつけた。

沢登りの指導法もそれなりに分かってきた。これからまた1年、どんな展開にするか、いろいろ検討中です。

 

 


2012.03.08

川原北谷の25m滝

3月3日、屋久島自然クラブ沢部の川原北谷溯行から。

県道上の連瀑群を越え、しばらく溯って、最初に出てくる2条25m滝。谷の曲がり角にあるため下流から見えないので、いきなりこれに出くわすとけっこうひるみます。

でもよく見てると、左滝側に登れそうなラインがある。中段テラスまでは問題ない。その上は水流左の広いクラックか、その左のリッジ、最悪でも水流通しにシャワークライミングで上まで突破できそう。水量が少ないときは、確かこの左滝は水がなかったはず。

エース神崎 くんがリード。テラス上に一本ハーケンを打ち、終了点の木にロープ固定。後続は全員アセンダーで自己確保して登る。ハーケンの上の乾いた岩が、高度感もあってちょっと緊張。4級マイナスくらいか。

思えば全員でささっとこう登れるようになるまで1年かかったことになるか。まあ月1ですからこんなもんでしょう。

上の動画、クライマーは沢部の父、モリタさんです。

2012.02.21

2012.2.9 自然クラブ明星岳

P1000660

明星岳から安房方面。屋久島の海岸から山塊が一気に1000mそびえる地形がよくわかります。

やっぱり山に登って、自分の住むところを見渡してみるのは大切なことです。なにより子どもたちにこれを見せなければ。

P1000672

今回の自然クラブ別例アクティビティは、定番の明星岳。先月悪天中止になったので、2月に持ち越しました。参加者は16名。頂上には古い祠があり、もう故人となったFさんが個人的に奉納された立派な石の上屋に収められています。

 

P1000654
 

明星岳は下の方が花崗岩ですが、登るに従って硬いホルンフェルス(変成岩)になり、険しくすべりやすなるので、急な部分では気が抜けません。

小さい山ですが、頂上周辺に照葉樹林の貴重な原生林が残り、意外な巨木が多く息づいています。上はヒメシャラ。屋久島で一番大きいかも。中は空洞ですが、冬芽をたくさんつけて元気です。

 

P1000677
 

こちらはホソバタブの巨木。根元がものすごいコブになり、化け物っぽい。半分朽ちてますが、枝葉は元気です。

 

P1000481

 

おまけで安房から明星岳(中央の山)。その形から昔は「入道」 「坊主」などと呼ばれたらしい。「明星岳」の名は、おそらく日蓮宗(法華宗)の明星天子信仰と関わりがあるのだと思います。星信仰はしばしば鉱山と関わるらしく、明星岳にはまさに屋久島有数のタングステン鉱床があるのが興味深いところです。

入道(仏の道にはいった人の意味)の例。後白河法皇。
似てませんか↓

Gen_003

2011.08.20

今日の捜索のようす

今日の捜索のようすをこちらに書きました。

2011.07.04

屋久島自然クラブ 沢登り部 鈴川 2011.7.2

Rimg0015

自然クラブ沢部、7月は鈴川中流部。写真2段滝上段を上るヒロちゃん。

今回は沢での動作の特訓のため、中流部を少し溯行し、沢屋の道場「虎の穴サーキット」に行きました。ここは花崗岩の淵で、水際を一周する間に5つの課題があり、これをこなすことで飛躍的にムーブが上達する優れものです。

Rimg0022

虎の穴へ至る途中にも、さまざまな課題があります。これは難度の高い『江戸川ボルダー』。YNACのヒルマがいいところまで行ったが落ちて、全滅。

 

Rimg0034

『沼田トラバース』 成功者多し。余裕の愛ちゃん。

 

Rimg0052

虎の穴 『課題1番』。ぺたっとした花崗岩のへつりをフリクションで。ここは彩ちゃんが苦闘のトライの末に成功し、みんな大喝采。

 

Rimg0058

虎の穴 『2番』。これは切り落としたような垂壁のトラバースで、『あやちゃんトラバース』並ぶ最難関課題。エースマキオくん他がトライを繰り返すも、全滅。

 

Rimg0064

滝の横を斜上する『3番』。ロケーションが豪快。フィンガーパワーとフットワーク、バランスの課題。ヒルマと愛ちゃん。

 

Rimg0049

スラブの水際をはい上がるだけのシンプルな『4番』。これは奥が深い課題で、スーさんが執念でこれを落とし、勝利の雄たけびを上げる。

 

Rimg0051

平行四辺形のくぼみを右上に斜上する『5番』。立体的な登りで、ムーブが分かるまでは苦闘を強いられる。トライはアラキさん。手前左が『4番』でもがくヒロちゃん。

いやー楽しかった。私も『1番』と『4番』で五十肩が治りました。

この日の様子は、ものつくりのKさんがブログに書いてくださっています。

 

Rimg0070

なおも足りずに帰り道のボルダーで渓流タビでセッション。トライしているのはDrコト―。

さて、次回はどこへ行きましょうか?

 

 

2011.05.25

屋久島自然クラブ2011 【沢登り部】発足!

自然クラブのメニューでも要望と期待の多い「沢登り」。
一人では、また初心者ではなかなかできないアクティビティですが、その分やってみるとその面白さに夢中になってしまう人も多いのでは!?

自然クラブのメニューとして沢登りができるのは年間2~3回と限られてしまいます。
せっかくなので、もっと楽しみたい!やるからには技術も覚えたい!
そんな方の為に、【沢登り部】を発足することにしました。

続きを読む "屋久島自然クラブ2011 【沢登り部】発足!" »

2011.04.18

「屋久島自然クラブ2011」始まりました!

110417nc_5

しばらく中断していた屋久島自然クラブ。

今年から復活します。第一回目は「西部照葉樹林」。半山地区に残された海岸古道をトレースしました。

このルートは今はだれも通らないのですが、戦後からしばらくの間、この半山地区と永田の間の唯一の道でした。

しっかり道が残っていたのですが、ここ何年かの間にすこし薄れてきたようです。こういう地域の生活や産業文化の遺跡や痕跡は、消えると跡形もなくなってしまいます。

雨上がりの爆発的な新緑が始まった照葉樹林の緑のバラエティの美しいこと!この季節の西部は最高ですね! 春を宣言する「クロバイ」のクリーム色の木立がちらりほらりと見えています。

110417nc_7

海岸の岩の上で、写真を撮ってると、向うの方で気がついたステキなメンバー4人が人文字を作ってくれました!読めますか?

そうそう、「三岳」も美味いが、「大自然林」最高の芋焼酎ですよ。

来月は蛇之口滝に行きます。くわしくは自然クラブのブログをご覧ください。

 

ところで。

西部の利用については、エコツーリズム推進協議会で議論を続けています。

ここはむやみに人が立ち入ると、動物に悪影響が出てしまう可能性があるので、われわれガイド側から、ガイドツアーは一つのエリアあたり一日24名という大幅な人数制限を提案していますが、ちょうガジュマルの写真の人数です。

このくらいの人数が分散して、ガイドのコントロールされながら、静かに自然を楽しむ。というスタイルが、西部のエコツアーになってゆくでしょう。

2011.03.02

「屋久島自然クラブ」復活します!

種々の理由により2005年度で中断していた『屋久島自然クラブ』。2011年度から復活することになりました。

「せっかく屋久島にいるのに、山に登ったことがないんですが・・・」

「海にシュノーケリングで潜ってみたい。」

「沢登り面白そうだけど・・・危ないのかな?」

最近こんな声を聞くことが、増えてきました。みなさん自然をきちんと楽しんだり、そのための技術を身につけたりしたいと考えているのですね。かつて自然クラブがその役割をになっていたのですが、中断している間に、要望が強まって来たのかもしれません。

というわけで、自然クラブ2011。として、活動を再開することになりました。

現在立ち上げ準備中です。何人かが関わって立ちあげ準備を始めています。具体的にどのような企画で勧めるかはまだ検討中ですが、さしあたって月に一回なにか自然のなかでの面白いアクティビティーをする、ということは決定しておきます。

さて、何をやろうかな・・・?

2009.06.05

謎の水底ポットホール

Rimg0351

巨大な淵へGO! 『YNAC通信26号』の表紙を飾った、Tちゃんのスーパーダイブショット。関係者の間では大受けだった一枚です。

良く見ると、その足元左方面の水底に変なものが見えます。

Hole_2

顔ではありませんよ(笑)。水底に穴が開いておりまして、どうみてもポットホール=甌穴です。この穴、いったいどうやってこんなところに形成されたのでしょうか。

ポットホールにはさまざまなタイプがあります。峡谷のものは、一定の水流が砂や石とともに岩盤の一点に作用して丸い穴をあけた小地形です。

  

Suiteipothole

このポットホールには、以前から気が付いていました。上の合成写真ではもっとはっきり見えていますね。このように大きな淵の水底の岩盤に開いています。右のI郎隊長はマスクを装着して潜水調査をしようとしていますが、水深がそもそも2mあり、そこから深~い竪穴になっていて、潜りでは鳴らす隊長も穴の底まではたどり付けませんでした。

しかし、この状況で、あの地点に水流が集中するなんてことはありえませんよね。特にクラックなどの弱点もありません。手前は10m近い水深になって、底も見えないほどです。

さて、このポットホール、いったいどうやってできたのでしょう?

今年は「ポッターズ」として、このようなポットホールの形成に迫ってみたいと思っています。

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ