◎ポッターズ◎

2010.05.29

日本最大のポットホール(甌穴)

(メモ書きです)

日本最大のポットホール(甌穴)を名乗るのは下記の二つ。

◆日本一の甌穴(埼玉県長瀞)
http://www.tabi2ikitai.com/japan/j1137a/a01006.html

まっすぐ円筒形にくりぬかれた穴は、さすがと思わせるものがある。4.7mと深くて危険なため、埋め戻されているという。

◆日本最大級のポットホール長野県豊丘村
http://www.vill-toyooka.jp/kikaku/syawakura21.htm

滝の横にあり、やや浸食されているがサイズが大きい。直径数メートルはありそう。これは本当に最大級だと思う。

屋久島の安房川栗生川(小楊子川)にあるものと比べると、いま一つの感はある。事実上屋久島のポットホール群が国内最大であると思うが、ただポットホール(甌穴)と滝壺は分けて考えた方がいいのかもしれない。※上記リンクのYNACサイトのトップページにある穴は、屋久島最大ではない。最大のものは他にある。

岐阜県の飛水峡の甌穴群は規模が大きい。木曽川の寝覚の床にも大きな穴があった。愛知県の豊川方面にも花崗岩ポットホール群があると聞いている。また宮崎県都城の関之尾の滝にも小さいが無数のポットホールがある。

世界では、ミネソタ州とスカンジナビアに、雪解けならぬ「氷河融け水」で形成されたものすごいポットホール群が、またアフリカのザンベジ川には膨大な水量でえぐられた地球最大のポットホールがあると聞いたことがある。

100528_44

屋久島・荒川のポットホール。直径2m弱。底の形状をみると、川の流れで石ころがぐるぐる回って穴をうがったというような単純な形成過程ではないことが分かる。

横に貫通したポットホールから、水がこんこんと流れ出ている。このような形もよく考えれば不思議ではある。

2010.03.20

栗生シャクナゲの森公園 2010.3.19

Rimg0313

宮大WVの人たちがきたので、今が盛りの栗生シャクナゲの森公園へ行きました。

ここの花は年々早くなってきてるような気がします。歩きだすともう森の中はシャクナゲの花だらけ。大半は台湾のアカホシシャクナゲらしい。スダジイの森の中に、ヘゴやオオタニワタリとともにシャクナゲが咲き乱れている様子は、なかなか面白いものです。

Rimg0240

畑地として開発されてしまいそうになったこの森を、イギリスに品種改良の母種としてスカウトされていったヤクシマシャクナゲの子孫たちに里帰りしてもらい、シャクナゲの森という形にして残そう、という旧屋久町の上山利光環境政策課長のアイデアは素晴らしいものでした。

Rimg0248

咲き終わった花は、来年の花つきを良くするため、種をつけないうちに摘み取るそうです。たしか秩父の山小屋などが花見山行のためにそれをやっていると聞いて、いいのか?と疑問を感じたことがあります。見世物と自然の花は違うと思うのですが。ここの場合は、さてどうでしょうね。

Rimg0247

花を楽しんだ後、小楊枝川上流のお谷が滝へ向かいました。大滝と・・・

Rimg0273

やっぱりポットホールが凄い。

Rimg0284

2009.11.07

海外溯行同人総会@熊本 市房山 2009.10.31~11.1.

0910311101_118

市房山 白水滝雄滝。市房花崗岩の北西縁にかかる高距100mのスラブ滝。クライマーはH教授。中段テラスのロゴマーク風ポットホールに注目。はるか上空に張られた吊橋からその全貌を見ることができる。北に150mの雌滝がある。

  

0910311101opening_3

10月31日、熊本県の市房山キャンプ場で、海外溯行同人の総会が開催された。東京、大阪方面と、九州からの参加者で30名ほどのいい感じの会になった。台湾からは溯渓協会会長の荘再伝先生と、国の技術研修プロジェクトで世界を回っている“風雲娘”の李佳珊さんが参加された。

Rimg0223

海外の沢登りやキャニオニングの報告と並んで、総会に合わせて発刊された会報 『海外溯行研究No.2 韓国の谷と山1983~2009』 が、紹介された。創刊号『No.1台湾の谷1963~1993』に続いてこれまた編集の労を取られた代表の茂木さんの力作で、グラビアページの花崗岩の渓谷群を見ているだけで、むずむず韓国へ行きたくなる。

幹事役の八代ドッペル登高会の皆さんが、素晴らしいチームワークで会を運営してくださり、卓上には珍味・うまいものがどどっ並んだ。なかでも必殺の「桜納豆」にはうならされた。

席上、屋久島の沢登りの大先輩である、あの熊本ヤブコギマーズの中枢メンバーが、しばらくぶりに一同に会すというハプニングがあり、テーブル1つがKYC同窓会と化したのも楽しかった。

0910311101_116_2

翌11月1日のエクスカーションは、ドッペル会員にして同人のCさんがアレンジしてくださった、白水滝の登攀である。おりあしく雨になってしまい、入渓地の市房阿蘇神社で、みんな思案に暮れていたが、茂木さんの「行こ。」の一言で全体GO。

屋久島か台湾かというような巨岩帯を超えてゆくと、50mほどの大滝が現れた。これはまだ登られてないということで高巻き、谷に降り立つと、さらに数十mの大きなスラブ滝が続く。

上の写真は中段のポットホール。左が風雲娘の李Jasmin佳珊さん。ときおり雨が激しくなる。屋久島はこんなもんじゃないでしょう?とか聞かれるとつい、まあね、なんて答えてしまうが(笑)、この大滝のど真ん中で増水してきたら、笑ってすまないかも・・・と思ってたりして。

0910311101_117_2

最上段は濡れていては少々厳しく、高巻いた人が上から垂らしてくれたロープに頼ってゴボウ登り。この上は楽しい滑滝が岩造りの大堰堤まで続く。

0910311101_121_20910311101_134_4

滝のはるか上空に張られた大吊橋の凄さは半端ではない。雨に濡れた美しい紅葉の斜面の中、眼下に100m以上も、奈落の底まではるかに落ち込んでいる巨大な滝を見下ろせるのだ。北隣の雌滝はさらに凄く高さ150mもあるのだが、こちらは湧きあがる雲の中に消えていた。

まったく素晴らしい半日コースがあったものである。エクスカーション終了後、湯山温泉と手打ちそばで解散となった。短くも充実した総会だった。

2009.06.05

謎の水底ポットホール

Rimg0351

巨大な淵へGO! 『YNAC通信26号』の表紙を飾った、Tちゃんのスーパーダイブショット。関係者の間では大受けだった一枚です。

良く見ると、その足元左方面の水底に変なものが見えます。

Hole_2

顔ではありませんよ(笑)。水底に穴が開いておりまして、どうみてもポットホール=甌穴です。この穴、いったいどうやってこんなところに形成されたのでしょうか。

ポットホールにはさまざまなタイプがあります。峡谷のものは、一定の水流が砂や石とともに岩盤の一点に作用して丸い穴をあけた小地形です。

  

Suiteipothole

このポットホールには、以前から気が付いていました。上の合成写真ではもっとはっきり見えていますね。このように大きな淵の水底の岩盤に開いています。右のI郎隊長はマスクを装着して潜水調査をしようとしていますが、水深がそもそも2mあり、そこから深~い竪穴になっていて、潜りでは鳴らす隊長も穴の底まではたどり付けませんでした。

しかし、この状況で、あの地点に水流が集中するなんてことはありえませんよね。特にクラックなどの弱点もありません。手前は10m近い水深になって、底も見えないほどです。

さて、このポットホール、いったいどうやってできたのでしょう?

今年は「ポッターズ」として、このようなポットホールの形成に迫ってみたいと思っています。

2007.08.19

ポッターズ報告

07081619_45

ポッター1です。今日は先日溯行した荒川に空くポットホールのうち、もっともデザイン的によかったものを紹介します。

直径1mと25cm、深さ約80cmの2連水中貫通型。小ぶりですが整った形をしており、底の砂礫もあまり気になりません。

そのむこうの穴は、3方向からin、1方向へoutという洒落た水差しのような構造になっています。このあたりの穴は、なかなか気になる存在が多く、つい道草を食ってしまいます。

07081619_58

淀川橋の下流からの淀川。

東京の荒川も、大阪の淀川も、むかしはこんなだったんでしょうか。

2006.10.30

ポットホールが生まれる

ポットホール愛好者のモスフォレスター3です。

「モスフォレスターズ」亡き後、「ネオモスフォレスターズ」を再興し、更なる蘚苔林の探求に突き進むか、新たに「ポットホール同好会(仮称)」を結成し、世界のポットホール探査の旅にでるか、思案中です。

061029_012

さてここは、栗生川お谷が滝下の「ポットホール岩盤」。

ちなみにこの下流で黒味川と小楊子川が合流して栗生川となるので、この場所は正式には小楊子川なのです。

しかし、沢登りの世界で「小楊子川」といえば、お谷が滝から宮之浦岳に突き上げる源流までの3泊4日の大ルートとして知られており、誤解を防ぐためにYNACの『沢登り』ツアーではお谷が滝までの往復コースを「栗生川」と、呼んでいます。

この岩盤は、安房川と並ぶポットホールの名所で、ポットホールダイブで有名な直径3m、深さ5.5mの穴を筆頭に、いくつかの大穴が並んでいます。

040702bigpothole_038 筆頭。

この屋久島第3位の水量を誇る瀑流帯で、いままさに形成されているポットホールがあるらしいのです。

061029_013

この樋状滝の滝壺がそれ。どうもこの時計回りの渦流の底が、ポットホールになっているように感じられる。

ここには恐ろしい引き込み流があり、落ちるとおそらく助からない、栗生川随一の危険箇所です。最近この川のガイドツアーも増えてきましたが、ここは絶対に人を落としてはならない、最重要ポイントであります。

水量の多いときにはとても近づけない場所ですが、秋の渇水で、水際までいけるようになったので、懸案だったこのポットホールの水深を調べました。

061029

水際まで慎重に近づき、重石をつけたスリングを放り込みます。6~7mはあるかな、とめぼしをつけていたのですが・・・

手に持っているオレンジ色のテープスリングはするするっとあっけなく沈んでしまい、10mいっぱい出しても底に届かないのです。

予備の黄色いロープをつなぎ、さらに送り込んでやると、13m弱で止まりました。何回か測定を繰り返しましたが、渇水期の水量で深さ12.5m、直径6-8m(楕円形)という線でいいだろうということになりました。

・・・深さ12.5mで、現在なお侵食が進行中。とんでもない穴があったものです。

しかし滝壺になっているものも含めれば、安房川にはさらに大きなものもあるはず。う~ん、調べたいなあ。来年の夏・・・。

2006.08.19

『沢登り三昧』 3日目

060819_063

荒川上流の、貫通ポットホール。本日は荒川~淀川に来ております。

 

 

060819_072  060819_091

2006.02.17

安房川本流下部の景観(期間限定)

沢登り資料として、安房川本流の景観を一部公開します。 このルートは難易度が高く、一般向けではありません。PFD(ライフジャケット)必携、100m程度の泳ぎが連続します。上りも下りも4級程度のクライミングとロープワークが必要です。またトンゴノ滝で大型犬がサイフォンに吸い込まれて溺死した事例や、大きな深いポットホールに転落して自力では脱出できなくなった事例がありますので、注意が必要です。

_027 巨大プール

  

_025

  

_023 これでも渓谷です

   

_019 日本最大級の甌穴(ポットホール)

  

_009

この5枚と、ブログ右欄の写真は、標高100m~120m付近のもの

 

_073

松峰大橋から上流を見る。突き当たりがトンゴノウト。左に曲がったかげにトンゴノ滝

_078

松峰大橋から下流、安房の町を望む。

 

2005.09.14

栗生川お谷ヶ滝 2005年8月13日

どよもり本編。前回は探検、今回は観察。

前回内容を想像して参加を自粛し、今回に臨んだという人もいる。

今回はアイドルカーキがいる。ちっちゃいので渓流シューズがないが、一番小さいので、間に合わすことにする。

050813_

がんがん飛び込む。

050813_

お谷ヶ滝では全員スノーケリングを始める。滝壺水中の地形が面白いが、もの凄く深いのでPFD(ライフジャケット)は必携。ボウズハゼが無数に棲息している。

050813_

瀑流のへりにある巨大ポットホールで飛び込み。直径は3mほどだが、潜って調べたら、深さ5.5mもある。このサイズはそうどこにでもあるものではない。

スケールがでかく、大人の遊び場である。

カーキはそれまで1mしか飛べなかったが、この日ついに2m飛び込みに成功した。

2005.05.15

5月14日荒川沢登り

050514tobiishi 050514yodo

MCCの定番、荒川を久しぶりに溯行した。

相変わらず美しく、コケが多い。また不思議なくらいポットホールが発達している。

050514pothole 050514moss

St.A 11:05発  よどごうの橋15:15着。

のんびり楽しんだ。

フォト

Twitter

リンク集

無料ブログはココログ